top of page

すねを擦りあげ、耳の後ろを揉んでみて

1月は往ぬ 2月は逃げる 3月は去る

・・・の通り、あっという間に2月も最終日。

明日から3月!

今日はググっと気温も上がり、

我が家の近所では、満開の梅の傍らで

早咲きの桜が 時が来た!とばかりに咲き始めました。


発芽や開花するエネルギーってものすごい。

ある日、いきなり芽が出る!花開く。

「----------------------ぽんっ!!!!」


ポップコーンが弾ける時に、フライパンから熱エネルギーが送り込まれるように、

芽吹きの春には、膨大な陽エネルギーが、地上から空中から湧き上がり、

私たちを包みます。


春めくのは気持ち的には嬉しいし、身体もラクだけれど、

陰エネルギーに支配されている身体には、強烈な春の陽エネルギーは実はキツイ・・・


「寒邪」を吹き飛ばしてくれる「春風」も強すぎると「風邪」となり、

陽気とともに体内をぶぅーん!と駆け抜ける!

と・・・

あたまに昇ってめまいがしたり、顔や口にブツブツができたり、頭痛がしたり。

加えて、花粉が風に乗って飛んで体に入ると、ますます厄介!!


こんな時は同じ春グループの「肝経」「胆経」の流れを良くするとスッキリします。


「肝経」は足の甲、人差し指と親指の間を上がって→すねの骨の内側を通り→鼡径部→陰部→下腹部→肋骨→喉の辺り・・・と流れます。

すねの骨の内側をさすりあげてみてください。

やたらと痛いところないですか??

足の甲の人差し指と親指の間をゆっくり圧してみてください。

痛いところ見つかりませんか? ←太衝ツボ

 

お風呂や寝る前に痛い部分を圧して、さすって、肝経を流し、

春を迎える準備をしましょう!


「胆経」は耳の周りから身体の真横→ズボンの横の折り目に沿って降りていく長~いライン。

側頭部痛やあごの痛み、かみしめ、股関節や膝の外側が痛い、なんてことがあれば、

胆経を流すことで解決します。


耳の後ろやこめかみは圧しやすい場所なので、昼間ちょっとした合間に圧してみましょう。

眼を閉じて、肘をつき、耳の後ろのかたい部分を左右同時に、5秒ずつ少しずつ位置をずらして圧していく。

ほんの5mmずらしただけでも、ズーンと気持ちよく響く場所をみつけたら

そのまま5-10秒圧し続けて気持ち良さを味わいます。

こめかみやあごの周りも同様です。


「目は肝の窓」と言われますから、疲れ目や目の使い過ぎには、

肝経と胆経をセルフマッサージ!


また、肝経&胆経が弱いと決断を下せず、グズグズ、だらだらしていまいます。

なんか頭がモヤモヤしてさっさと動けない、決められない、ダラダラしてしまう、

思った通りにできない、という時も、肝胆セルフマッサージの出番。


気づいたら3月も去ってしまった!とならないように、

伸び行く木々のごとく、春の陽気を伸びやかに体にめぐらせ、しっかり頭を、身体を働かせましょう。


閲覧数:90回0件のコメント

最新記事

すべて表示

今夜放送!NHK「東洋医学とは何か」&こどもとの上手なかかわり方講座のお知らせ

お知らせが二つありまして、月末より2週間も早い、バレンタインのらくみ通信です♡ 一つ目はNHK BS「東洋医学とは何か」 今夜2/14(水)21:00-22:00 と 2/19(木)17:00-18:00 東洋医学とは何か - フロンティア - NHK モクサアフリカ という アフリカ ウガンダで お灸で結核を治す活動をしている イギリスの慈善団体が紹介されます。 日本でも数年前に一度流行りました

日々あらゆる面で私はますますよくなっている

もう数時間で2023年も幕を閉じ、新しい年がやってきます。 3月WBCの大盛り上がりを皮切りに、ラグビーW杯、バスケW杯、大谷翔平の大活躍、阪神優勝など、スポーツ分野ではワクワク燃える、元気の出る時間が多くあったものの、ウクライナ、パレスチナ・・・と重い重いニュース・課題が続く年末となりました。 個人的には、1年を通して人にも物事にも嬉しい出会いや再会が多く、 ありがたさと嬉しさに包まれましたが、

スプーン灸であったまる

汗ばむほど暑かったり北風が吹きつけたり、読めない気候ながらも 木々の葉っぱが色づき、落葉し、日の落ちるのも早くなってきました。 インフルエンザでもコロナでもない風邪も多いこの頃、 皆さん元気にお過ごしですか? さて、先月今月と武蔵野市から委託を受け、 2-3才児のママさん向けに「発達を助ける 親子でできるセルフケア」と題し、 週1回2時間×5回講座を担当させていただきました。 「どこまでが正常発達

bottom of page