top of page

お腹が痛い!にはこのツボ

更新日:2020年6月16日

らくみ通信 207号 2020年水無月 


緊急事態宣言が解除されて約3週間、”新しい日常”にも慣れてきました。

小学校は今日からクラス全員が揃い、待ちに待った給食開始!

家族そろってお昼を食べられる時間も貴重でしたが、

やはり給食はありがたい・・・!!

気になる点もありますが、事態が予測不能な今、

柔軟に新しい方法で進めるより他に方法はありません。


小6の娘が、

「明日の体育、みんなで一緒にやる運動はできないし・・・

 (一人ずつできる)縄跳びかな~、つまんないな~。 

 あ、でもね、鬼ごっこはしてるよ。

 タッチできないから、後ろからパンっ!て拍手されたら、鬼交替。」

男の子たちがルールを作ったんだとか。頼もしい!

適応能力高い!


とはいえ、子どもたちもストレスが溜まるようで、

この2週間、腹痛の相談が相次ぎました。


・食欲はあるんだけれど、ご飯を食べ始めたらお腹が痛い

・やたらげっぷする

・動かないからか、ご飯の量が減った

・寝る前になると痛くなる

・下痢で差し込むような痛みがひどい


皆さんのお子さんはこんなことありませんか?

痛い痛いとエビになる姿を見るのはつらいもの・・・

お腹を温めたりさすったりしたくなりますが、

特に差し込むようなお腹の痛みには、このツボ!

梁丘(りょうきゅう)と足三里。

不思議なもので、普段圧してもいたくないのに、

お腹が痛い時に圧すと、お腹の痛みを忘れるくらい、痛い!!

圧している手をはねのけたくなるくらい、痛い!

それでも、圧します。

ぎゅーっと圧し込むと、不思議とお腹の痛みがひいてきます。


「あんなに痛がっていたのに、そのまま眠れたわ、ありがとう!」

と喜ばれることが多いこのツボ。


是非覚えておきましょう。

ただし、腹痛にはいろいろな原因もあります。

冷や汗をかいて痛い痛いと言い続ける時は

必ず医療機関を受診しましょう!


さて、今回よりメルマガ配信の形を変えました。

なお、これまでのらくみ通信の記事は

でご覧いただけます。

検索機能も加わり、知りたい症状・お悩み別で検索できます。

是非困った!という時には、

以下Webサイトのお悩み解決ページとともにお役立てください。



「新しい日常」で新しい発見がありますように。


閲覧数:174回0件のコメント

最新記事

すべて表示

夏バテ⇔秋バテ対策

暑さ寒さも彼岸まで、の言葉通り、先週末のお彼岸は涼しくなり、彼岸花が咲き・・・ 自然のリズムはすごいものだと思っていたのもつかの間、 また暑さがぶり返し・・・なかなかこたえますね。 暑さもですが、ジメジメ湿気が早くとれてほしい~!! コロナにインフル、アデノ、溶連菌、と感染症が大流行しているのも、 高温多湿⇔急な気温降下による影響?・・と思っていたところ、 わかりやすい記事を見つけたのでシェアしま

大地と水と風とひとのからだと

子どもたちの夏休みも残りわずか。 ・・・と思えないほどの暑さが続いています(汗) 6月から続いた夏風邪やコロナの余波が続き、先月は咳や鼻水の方が多く、 8月は暑さと湿気と台風で体調の悪い人が激増、 熱中症で発熱嘔吐という方もいらっしゃいました。 台風や線状降水帯の発生で、今年も多くの被害が出ましたし、 今年は〇〇の地域で・・・のニュースが毎年のこと、となってしまいました。 歯がゆい思いばかりです。

筋トレ不要?!骨ストレッチのすすめ

2月に NHK Eテレで放送された「古武術に学ぶ体の使い方」見られましたか? ニコニコ顔で重~い段ボール箱もヒョイッ。 お相撲さん並みにブレない足腰に、水泳選手のように自在にグニャグニャ動く肩甲骨、 お腹と背中がくっつく!というくらいお腹が凹む腹式呼吸・・・ しやなかで自在な、林久仁則講師の動きにほれぼれ~。 12年ほど前に、番組特別講師の甲野善紀氏の講習を受けたことがあるのですが (この頃から助

Comments


bottom of page